美容皮膚科

HOME > 美容皮膚科 > 美容皮膚科Q&A

●美容皮膚科Q&A

基本的な質問

Q 1. カウンセリングを受けて、その後すぐレーザーやピーリングなどの施術は可能ですか?

  • カウンセリングの後、ご希望の施術を受けていただくことは可能です。ただ、他のご予約の方の状況によっては少しお待ちいただくこともございます。

Q 2. レーザーやピーリングなど施術をした後、すぐに化粧してもいいですか?

  • フォトフェイシャル、レーザーフェイシャル、イオン導入は施術後すぐに化粧をして帰っていただけますが、サルチル酸マクロゴールピーリングのみ術後12時間は化粧を控えていただいています。ピーリングは肌の一番表面の角層を薄く剥がしているので、その上からすぐに化粧をしたりクレンジングで落としたりすれば、刺激になり、肌を傷める原因になるからです。しみなど部分的にレーザー治療された場合はレーザー照射部以外でしたら化粧が可能です。化粧される際は、クリニックにパウダールームを設けていますので、そちらをご利用ください。

Q 3. 現在妊娠中ですが、何か施術することはできますか?

  • 妊娠中、授乳期間中の方は色素沈着を起こしやすいので、どの施術もお控えいただいています。塗り薬など、施術以外の治療をご提案できる場合もありますので、カウンセリングの際、医師にご相談ください。

Q 4. 生理期間中ですが、どの施術をしても問題ありませんか?

  • 基本的には特に問題はありませんが、生理期間中により体調が優れない場合などはお控えください。また、生理期間中のVラインの脱毛はお控えいただいています。

Q 5. 日焼けをしてしまったのですが、それでも施術は可能ですか?

  • イオン導入は日焼け後の肌に施術することも可能です。レーザー脱毛やフォトフェイシャルなどはメラニン色素が反応するため、日焼けが落ち着いてからの施術となります。

Q 6. 学生割引はありますか?

  • 医療レーザー脱毛のみ、施術料が20%OFFになる学生割引を設けています。受付で必ず学生証をご提示ください。

Q 7. 支払いはキャッシュのみですか? カード払いもできますか?

  • 基本的にはキャッシュのみになりますが、一度の支払金額が10万円を超える方はカードでのお支払いが可能です。

Q 8. 施術の前後で使うクレンジングや洗顔、化粧水などはクリニックに常備されていますか?

  • はい。パウダールームにクレンジング、洗顔、化粧水、美容クリーム、日焼け止めを取り揃えておりますので、ご自由にお使いください。他にドライヤーも設置しています。お化粧直しして帰りたい方は、ご自分のコスメポーチをご持参ください。

Q 9. アトピー体質ですが、どの施術でも受けることができますか?

  • 皮膚の状態(炎症や色素沈着の程度)により可能な施術を選択しなければなりません。カウンセリングで医師が診察しますので、医師にご相談ください。

Q 10. ニキビの治療をしたいのですが、皮膚科と美容皮膚科どちらにかかればいいですか?

  • 美容皮膚科ではピーリングやイオン導入を行っています。この治療は保険外診療です。抗生物質の内服や塗り薬などの保険治療は皮膚科で行っています。まずは一度皮膚科を受診されて診察を受けてはいかがでしょうか。

Q 11. 小さい子供を一緒に連れて行っても大丈夫ですか?

  • 1人でも大丈夫なお子さんでしたら皮膚科のキッズスペースでテレビアニメや絵本を見ながらお待ちいただくようになります。1人で待てないお子さんの場合は、カウンセリングは一緒に診察室に入っていただいて構いませんが施術室には一緒に入れませんので、施術は後日、お子さんを預けられる日にご予約をお取りするようになります。

脱毛について

Q 12. 脱毛をするとき、むだ毛は生やしてから行った方がいいのでしょうか?

  • むだ毛を長く生やしていると火傷の原因になることがありますし、痛みも伴いますので、必ず事前(前日)に脱毛希望部位の毛を剃ってから来院ください。また、毛抜きで抜いている部分には照射しても脱毛効果が得られませんので、抜かずに剃っていただくようお願いします。

Q 13. 脱毛をした後、入浴しても大丈夫ですか?

  • 施術日のみ入浴はお控えいただいていますが、シャワーは可能です。翌日からは通常通り入浴していただいて構いません。

Q 14. Vラインの脱毛をしてもらいたいのですが、どのような下着で行けばいいですか?

  • お持ちの水着などにラインを合わせたい場合はご持参ください。こちらで紙ショーツ(無料)もご用意しておりますので、よろしければご利用ください。

Q 15. 早く脱毛したいんですが、頻繁にレーザーを照射した方が早くなくなりますか?

  • レーザー脱毛は毛周期に合わせて1ヶ月半〜2ヶ月に1度照射するのが効果的です。よって、その期間より短い間隔でレーザー照射しても、早く脱毛効果が現れるわけではありません。毛周期に合わせた間隔でご予約をお取りいたします。

Q 16. 脱毛したい場所に傷があるんですが、それでも脱毛は可能ですか?

  • 傷の範囲は避けて脱毛するようになりますが可能です。一度カウンセリングの際に医師にご相談ください。

Q 17. 脱毛は何歳からできますか?

  • 基本的には何歳からでも可能ですが、毛包の状態からいうと中学生頃からが良いと考えます。ただし、未成年者の場合はすべての施術に保護者の方の同意が必要となります。保護者の方が当日ご同伴いただけない場合は治療同意書に必要事項を記入、御捺印のうえ、治療当日にご提示いただくようお願いします。

Q 18. レーザーを照射するとき痛みはありますか?

  • 個人差がありますが、一般的にはゴムで弾く程度の痛みとご説明しています。

Q 19. 過去に他で脱毛をしたことがあるのですが、ここで再度脱毛を始めても異常はありませんか? また、前に脱毛をした経験がある方が早く抜けるのですか?

  • 過去に他で脱毛をしていても特に問題はありませんが、早く抜けるかどうかは残っている量や個人差もありますので、一度カウンセリングを受けていただき、医師にご相談ください。

ピーリング・イオン導入について

Q 20. 他の病院でピーリングをして痛かった記憶があります。そちらでしているサルチル酸マクロゴールピーリングも痛みは伴いますか?

  • こちらのクリニックで導入しているサルチル酸マクロゴールピーリングは、一般的なフルーツ酸やグリコール酸と比較して非常に肌への当たりがソフトで痛みはほとんどありません。肌の表面(角質細胞)を極めて薄く剥がすピーリングなので、施術後肌が赤く炎症を起こしたりする心配もありません。通常のピーリングよりも効果の持続が長いことも特徴です(通常月に1回程度の施術となります)。

Q 21. ピーリングやイオン導入を施術してもらう時は、どのくらい時間がかかりますか?

  • 施術前に洗顔していただく時間は省いて、ピーリングのみでの時間は約20分、イオン導入を1種類セットにすれば約30分、2種類のイオン導入をセットにすれば約45分になります。

Q 22. 自宅で使っているイオン導入器とクリニックでしてもらうイオン導入とではどう違いますか?

  • クリニックで使用しているイオン導入器はパルス脱分極直流型の器械で皮膚への刺激が少ないので、高出力が可能です。つまり、肌にやさしく浸透効果が高いことが特徴です。

Q 23. トラネキサム酸イオン導入とビタミンCイオン導入の違いはなんですか?

  • トラネキサム酸は、元々、肝斑の内服治療に用いられていたものですが、イオン化に成功し、直接肌に導入することが可能となりました。美白効果と肌荒れ改善効果を同時に実現できるのが特徴です。
    一方、ビタミンCは、メラニン産生を抑える働きとコラーゲンを産生する働きがあり、美白に大変優れています。
    トラネキサム酸とビタミンCを併用することで相乗効果が期待されます。

Qスイッチルビーレーザーについて

Q 24. Qスイッチルビーレーザーでしみを取りたいのですが、1回で取れますか?

  • 1回で取れる方が多いのですが、個人差がありますので数回照射が必要な方もいらっしゃいます。レーザー照射後、炎症性色素沈着によってしみが以前より一時的に濃くなる時期がありますが、約半年で消失します。

Q 25. しみをレーザー治療で消したいのですが、しみの種類によってはレーザー治療に向かないものもあると聞きました。本当ですか?

  • 本当です。しみと一言で言っても様々な種類があり、中でも「肝斑(かんぱん)」と呼ばれる頬骨の部分に左右対称にできるしみの場合はレーザー治療は適しません。レーザー治療を行うと逆にしみが濃くなる可能性もありますので、トラネキサム酸イオン導入や内服薬などでの治療をおすすめしています。自己判断されずに、医師の診断を受けてください。

Q 26. Qスイッチルビーレーザーを照射するときは、麻酔をしますか?

  • 痛みを感じやすい人には貼るタイプの麻酔剤があります。貼ってから1時間程度で麻酔が効いてきますので、その後、レーザーを照射します。歯医者さんなどでの麻酔で気分が悪くなった経験がある人は使えない場合があります。

Q 27. Qスイッチルビーレーザーで刺青を消したいのですが、どんな刺青でも消すことができますか?

  • こちらで扱っているレーザーの機械は黒色にしか反応しないので、黒色の刺青でしたら可能ですが、他の色の刺青は消すことができません。ただし、1回では消えづらいので、複数回照射することが必要になるかと思われます。

フォトフェイシャルについて

Q 28. フォトフェイシャルとレーザーフェイシャルの違いは何ですか?

  • レーザーフェイシャルはメラニン色素だけに反応するレーザーを顔全体に照射することでしみやソバカス、脱毛に大変効果的です。一方、フォトフェイシャルはレーザー光よりも優しい光の束を顔に照射することで、メラニン色素はもちろん、赤ら顔など異なる色素に反応し、顔全体を明るくし、素肌の若返りを行うことができます。かさぶたや炎症後色素沈着がなく、気軽に受けられるアンチエイジング療法です。

Q 29. フォトフェイシャルはどのくらいの間隔で継続するのが一番効果的ですか?

  • 約1ヶ月に1回のお手入れを、通常5〜6回繰り返し続けることをお勧めしています。効果を実感し、続けていただきたいので、トライアル料金や5回チケット料金も設定しています。

レーザーフェイシャルについて

Q 30. レーザーフェイシャルとピーリングは同時にできますか?時期をずらしてした方がいい場合はどのくらい期間を空けてすればいいですか?

  • レーザーフェイシャルとイオン導入(ビタミンC、トラネキサム酸)は同時にすると効果的ですが、ピーリングの場合は2週間程度の期間を空けた方が効果があると考えます。

お悩みについて

Q 31. 肝斑で市販の飲み薬を飲んで治療しているのですが、なかなか薄くなりません。そちらのクリニックではどんな肝斑の治療法がありますか?

  • まず、肝斑の場合は医師による正確な診断が重要です。自分では肝斑と思っていても、全く違った色素性病変の可能性があるからです。治療法としてはトラネキサム酸とビタミンCのイオン導入やレチノイン療法、ハイドロキノン外用などが有効です。また、トラネキサム酸を配合した基礎化粧品をおすすめしています。

Q 32. しみを取りたいのですが、顔に絆創膏やテープを貼るのは恥ずかしいので嫌です。顔に絆創膏を貼ったりせずに治療する方法はありますか?

  • Qスイッチルビーレーザーでシミにピンポイントにレーザー照射する場合は、術後2週間くらい顔に絆創膏やテープを貼って遮光していただく必要があります。ただし、フォトフェイシャルやレーザーフェイシャルの場合は、顔に大きなカサブタができたりしませんし、絆創膏やテープを貼る必要もありません。他にもケミカルピーリングやイオン導入などで、顔全体を美白していく方法やハイドロキノンという美白クリームを塗って薄くしていく方法もあります。

Q 33. ホクロを取りたいのですが、どういう方法でいくらくらいかかりますか?

  • ホクロの除去は、レーザー照射よりも手術で取る方が再発の可能性が低く傷跡がキレイなことより、形成外科医による手術で取ることをおすすめしています。一度皮膚科の診察を受けていただき、皮膚科の医師から手術の詳しい内容やだいたいの金額などをお伝えしています。診察・手術は保険適用になりますので、まずは皮膚科を受診してください。
    ごく平坦な顔のホクロの場合は炭酸ガスレーザーによる治療(保険外診療)が可能な場合があります。

Q 34. 皮膚に小さなできものがあるのですが、アクロコルドンかイボかよく分かりません。その場合は皮膚科ですか? 美容皮膚科ですか?

  • まずは皮膚科で診察させていただきますので、皮膚科を受診ください。治療法について説明いたします。

<< 美容皮膚科に戻る

▲ページのトップへ